ランドセルの疑問・質問・悩み

ランドセルの疑問・悩みについて紹介。カラー・デザイン・・素材・値段・使いやすさ、重さ、安全性についてのQ&Aについて。
MENU

よくある質問記事一覧

まだ小学校へ入る前の年長のお子さんで、成長の関係から身長が100p前後という場合もよくあります。子どもにとって体が小さいとランドセルが大きく感じ、重くて負担がかからないか、通学で疲れるのでは・・など親としても不安になりますよね。そこで小柄な子どもに相応しいランドセル選びについて見て行きましょう。まず体が小さいので重たい物は避けたいという思いがあると思います。小柄なお子さんにランドセルを選ぶ基準とし...

このようなお話しも良くお聞きします。親としては我が娘に「好きなランドセルを自分で選んで欲しい」という切なる思いがあると思います。ただそこで問題となってくるのが、今時のランドセルはあまりにもバリエーション豊富なため、色・柄・形など目移りしてしまうという点です。また、ランドセルを選ぶ基準は大人と子どもでは違うということもあります。そこでポイントとなるのが、子どもに選ばせるための工夫の仕方です。多くのマ...

アニメやゲームなどのキャラクターがデザインされたランドセルは、子どもにとって大変魅力的ですよね?まずはお子さんの好みを受け止めてあげましょう。今では、ディズニー、サンリオなどの定番から、ワンピース、妖怪ウォッチなどの人気アニメのキャラクターをモチーフにしたランドセルまで色々登場しています。普段目にする大好きなキャラクターなので、お子さんが一目惚れするのも当然のことです。そこで親としては、子どもが高...

親世代ではランドセルといえば、色は黒、赤の2種類。都市部では有名ブランド物の牛革素材の丈夫な物もありましたが、地方の田舎では文具点、かばん屋などで安いランドセルを選ばざるえなかった方もいらっしゃると思います。今ではここ数年の間にランドセルの形や見た目、機能性も格段に良くなり、どれを選んでも大きく失敗することも少なくなりました。そこで悩むのは、親子共々どれを選んで良いか迷ってしまうことです。ランドセ...

今では大手ショッピングモール、量販店の地方出店が相次ぎ、ランドセル購入先の選択技も昔とは比べ物にならないくらい増えました。それと同時に、ネット通販の各販売店でも有名メーカー他、ショップオリジナルのランドセルも多く取り扱い始めています。ランドセルを購入する立場のママ・パパ・おじいちゃん・おばあちゃんにとっては選択技が増えてしまい、本来子どもとの楽しい思い出となるはずのランドセル選びが大変な行事になる...

結論的に言うと「ランドセルは軽く感じる物を選んでね!」です。今時のランドセルって軽くて丈夫な物が増えてきましたよね〜。その理由は、製造、職人、素材などの質が向上している点や、現代の子どもの体力が昭和生まれの子どもに比べて体力が少なかったり体型が細身であることが言えると思います。そこで親としては、小柄・細身な娘・息子のために出来るだけ軽量のランドセルを選んでおきたいというママ・パパもいらっしゃいます...

お子さんがランドセルを選ぶ際に見た目は長く使う上ですごく大切ですが、親として気になるのは6年間使える耐久性が果たしてあるのかないのか・・ですよね?高学年になる前にヨボヨボ、ベルトが取れた・・・などは買い替えの必要もあるので、逆にお金もかかってしまうため、ランドセルの耐久性はとても大事なんです。ところで丈夫さと言っても、ランドセルの生地、縫い方、部品、製造方法、職人の質など色々想定できますが、壊れや...

娘、息子とランドセルを選びに行ったものの、あまりにも色・種類が多くて迷ってしまい選びきれずにズルズルと月日が流れてしまった・・・。そんな話しもお聞きします。年々早まるランドセルの発売時期ですが、メーカーの広告・CMに合わせ、保護者側も早く決めないと欲しいのが売切れる・・・という焦りから、6月には本格的なラン活?が始まっているのが現状です。ランドセルの購入が早いと、後からの新商品を選べないという欠点...

今後の教科書増量にも備え、ランドセルを選ぶ際に重視したいのがサイズと収納ですよね?大きさによっては、教科書、筆箱以外にも給食袋、クッキングや習字などの道具、その他、水筒、笛、着替えなども収納でき、A4フラットファイルが入るランドセルも多く出回っています。サイズが大きければ収納力もあって使い勝手が良いため、その必要性は十分にあると言えますが、大きいがために「重たくないの?」という不安な声も耳にします...

今では刺繍入りのランドセルを背負って走っている子どもも、普通に見かけるようになりました。特に年長の女の子にとって、花・リボン・ハート・ティアラなど可愛い刺繍は一目惚れしてしまうほど魅力あるものです。ところが刺繍入のランドセルは、解れる水が入る強度が落ちるなどの理由から、「刺繍は絶対に入れません」と品質にこだわるメーカーさんもいます。実際のところ、刺繍入のランドセルが流行りだしてからさほど年月が経っ...

このページの先頭へ